コペン全車種を紹介!はじまりのコペンは「Kopen」だ...

コペンの仲間たち^^ 世界のハードトップオープン車を見...

オープンカーはここが良い!! 五感で感じ、時間を忘れ、...

コペンってどんな車? だれにでも分かりやすく説明~あな...

わたしがアウディを買ったわけ

コーティングでいつも愛車をピカピカにしよう‼

コペン タイヤの価格と交換費用 そして燃費やその乗り心...

ダイハツ コペン スパイダーVer 市販は? 販売価格...

コペン タイヤの価格と交換費用 そして燃費やその乗り心...

コペンの車検費用 ディーラーは? 相場は? 車検代が安...

L880KコペンのRECARO用シートカバー発見^^!...

これで差がつく‼コペンにウインカーミラーはいかが^^(...

超目立つ!コペンに流れるサイドマーカーで注目されよう^...

コペンにアームレスト自作【前編】 う~~~ん...いま...

コペンにエアロワイパーで雨の日も快適に^^ 真の優良ド...

やっぱりオープンは冬場が気持ちいい^^

コペン ロールバー カバー^^(L880K/LA400...

事故発生!あれ?ドラレコに記録されてない...それって...

見るだけで感動^^ コペン史上 最強エアロ 登場!! ...

【故障】コペン アクティブトップ 集中ドアロック故障(...

【トラブル】コペンのルーフトラブル 閉まらないルーフ ...

【ドレスアップ】スカッフプレートで毎朝気持ちよく^^ ...

タイヤが光る!? あしもとのおしゃれアイテム降臨! い...

コペンをナンバーフレームパーツでかわいくおしゃれにドレ...

コペンのバック(リア)カメラをきれいに取付けるなら、ラ...

【ドレスアップ】チューモク度  No.1 コペン ガル...

コペン 超目立つLEDウインドディフレクター でおしゃ...

コペン ワンタッチオープン化 スマートルーフキットで楽...

コペンのロービームをLEDにしよう!詳しく解説!メカが...

コペンのハイビームとポジションランプをLEDにしよう!...

大好評! 欲しい車を日本一安く手に入れよう!

コペンが欲しい! 買う! 安く買う方法は? 日本一安くコペンを買った方法! そのすべて!

2017年12月1日

どうやって日本一安くコペンを購入したのか?
その方法をあなただけにお知らせしますね^^
この方法はコペンに限らず、どんな車種でも安価に購入きます。
予算が厳しい方はぜひ一読してみてください。

目次

日本一安くコペンを買った方法! そのすべて!

ここで伝えたいこと

「よーし!コペンを買うぞー!」と思ったものの、「あれ? おかねないし、コペンってたっけ~」^^;
当時、マカオンの悩みはズバリ経済面でした。
正確に言えば悩みではなく、予算内で購入できるコペンを探すということが本質的な課題でした。
もっとわかりやすく言えば、ビンボーだったのです^^;
マカオンがどうやって日本一安くコペンを購入したのか?その方法をあなただけにお知らせしますね^^
この方法はコペンに限らず、どんな車種でも安価に購入きます
低価格車にかぎらず、あなたの欲しい車の相場が150万円だとして、それが100万円で購入できればあなたにとって満足と納得のいく価格で購入できたと言えると思います。
予算が厳しい方はぜひ一読してみてください。

コペンを買おう! そう思ったのは…

マカオンがコペンを購入したのは2010年12月末でした。
コペンは2002年6月に発売開始ですから、すでに8年が経過し、市場流通価格も大分こなれて来たころでした。
当時乗っていたMOVEは3月に車検を控えていました。
12年ほど乗りシートにも結構痛みが出てきており、買い替えを検討し始めたのは、8月頃でした。
我ながら、約半年前から買い替えを検討するというこの計画性^^!
コペンは中古車市場でもほんとたっかいんですよね~(><)
しかも、しか~~~も、1ヶ月に1~2台、39万円と言う格安車もでてきていたんですね~^^
マカオンの予算はなんとコミコミ50万円の低予算。(どっだけビンボーやねん^^;)
しか~~し、39万円ならマカオンもコペンのオーナーになれる
それが、コペンを買おう!
憧れのオープンカーに一度は乗ろう!
そう思ったきっかけでした^^
こうして壮大な、コペン購入計画は始まったのでした^^

余談ですが、この時のオープンカー熱は10年以上経った今も冷めていません。
それだけの魅力がオープンカーにはあるのです。

欲しいグレードや装備を明確にしよう^^

予算ファーストですから、グレードだとか、色や装備に贅沢は言えません。^^;
見つけたらほぼ即買い。なのです!
だからと言って、何でもかんでもいいから即購入というわけにはいきません。
日本一安いといっても、それでも数十万円はします。
しかも、何年ものあいだ毎日使うものですから、気持ちよく使う事が大切です。
例えば、白い車が欲しいのに、安いかと言って赤い車買ったらどうですか?
毎日、毎日、朝通勤するために、車をみたときに「あ~、安かったけど、やっぱり赤色じゃないな・・・」って思ったら、悲しくなっちゃいますよね。
これを解消するために自分の希望を明確にしましょう。
しかも、そうすることで優先順位が付きます。
そうすると、「これは格安車でも買いたくなーーーい」ということも明確になってきます。
格安車においては即決を求められることはよくありますから決断できるように自分の希望を明確にして、こころの準備をしておくことは大切なことなのです。
私の場合、優先項目 (つまり)⇒ 否定項目 は以下の通りでした。

お金のないマカオンのこだわり

  1. 電動油圧式オープンのみ購入
     ⇒デタッチャブル(手動オープン)は買わない  
  2. レザーパッケージなら最高
     ⇒アクティブトップは買わない ではなく 仕方ない=妥協可能
  3. カラーは パールホワイト または ホワイト なら嬉しい
     ⇒最もタマ数が多いシルバーを覚悟しておく 
     ⇒その他のボディーカラーは程度次第
     ⇒しかし、赤や黄色、緑といったカラーは自分には厳しい
  4. 事故車でもまっすぐ走ればいい
     ⇒ 死亡事故発生車は買わない  
  5. 保証なし(現状)販売でも購入する

事故車 や 保証なし と言うのは、既に販売済みとなっていた39万円のコペンの場合、ほぼすべてこの2つの項目は含まれていました。
そして、格安車のボディカラーはすべてシルバーでした。
みなさんも欲しい車種の格安車はにはどういう物件が多いのか調べておくべきです。
そんな車を自分が買うとなったときに、自分が覚悟できるかどうかを肚をくくっておく必要があるということです。


・自分の希望を明確にしておく
・欲しい車種の格安車傾向をリサーチしておく

ここでのポイントは
自分の欲しいくるまの色、年式、装備など具体的にして何が許容できて何が許容出来ないかを明確にする
ということです。

世の中そんなに甘くない…(><;

欲しいくるまの要望を具勃的にしたら、本検討に入ります。
様々な中古車サイトで予算内に納まるコペンがないか市場調査しました。
調査を開始したのは当時乗っている車の車検満了の7か月前の8月でした。
当時は39万円が底値のようで、1ヶ月に1台出るか出ないか、たま~~~に2台と言う状態だったとおもいます。
ネットに掲載されればすぐに電話して在庫を確認しました。
なぜ電話かと言うと、一般的にネット掲載している中古車販売店は店頭販売もしています。
日中は店頭で商売し、お昼や店を閉めた後にメールチェックすると思ったからです。
ということは、マカオンが朝メールを送ったとしてもお昼のメールチェック前に誰かが電話してきて、そちらが優先されてしまい商談中になる可能性があるということです。
マカオンが先にメールを送っていてもです。
「そんなことないでしょう」と思われる方もいるかもしれませんが、マカオンのようにお金もないのにコペンに乗りたがっている人間が日本中にいるのです。
そういう人たちと先を争って、月に1台出るか出ないかの格安車を獲得するというのは至難の業だと思いませんか?
また当時の中古車のネット販売は監視や規制も甘く、すでに既に販売済みでも掲載を取り下げず、その後、数週間も掲載され続けるという有り様でした。
*現在ではネットの情報も大分いきわたり、売れると割と早くネットからも姿を消しています。
そして、そのうちにある法則が見えてきました。
それは格安車をメインとするshopです。
中古車販売shopにも様々な特徴があります。
その中で低価格車ばかりを取り扱うshopがあり、39万円のコペンはそんなshopから販売されることが多いということが分かったのです。


・格安車を見つけたらまず、電話
・そのあとメールで見積り
・格安物件の出所の傾向を掴む

ここでのポイントは
ネットを何度何度見て格安ショップを見つける
ということです。

きた~~~~! ついに…(嬉し涙)

3か月ほど探していると、コペン アクティブトップ シルバーが予算内で売られていました。
すぐに電話させていただきましたが、購入者がほぼ決まっているということでした。
ネットに載ってすぐ電話したのにこれです。
(おそらく、宣伝のために売れた車を掲載したのではないかという疑惑もありました。現在の中古車サイトではそのような行為はほぼありません)
このSHOPは主にリーズナブルな格安車を取り扱うSHOPで、しかも、過去にも格安のコペンを取り扱っています。
最大の難関である予算内に納まるという条件を満たせそうなので、近日中にコペンの入荷がないかないか訊いてみました
そうするとアクティブトップ シルバーの入荷予定はあるとのこと。
やったー! 
と、思ったのもつかの間、既に購入検討したい方がいて商談者が決まっているということでした。
(ここで疑惑は確定に^^;)
掲載前にすでに候補者がいる…コペンの人気の高さを思い知りました。
そこで私は「ほかにコペンの入荷予定はありませんか?」と訊ねたところ
「まだ、現車は見てませんがパールのアクティブトップの入荷予定があります」ということでした。
大まかな価格を確認をしたところ概ね予算に収まりそうだったので、もちろんわたしは検討したいと伝え、結果、私はアクティブトップ パールホワイトのオーナーとなることができました
購入費用は42万円。
パールホワイトはコペンの中でも人気のカラーで当時パールホワイトのコペンは安いもので70万円程度でした。
それを42万円で購入できたことは日本一安くコペンを買えました。


・入荷予定を訊き、予約を入れる
・情報を制する者が、欲しいをGET!

日本一安くコペンを買った方法!②:見積を取る

あなたの欲しい1台を見つけましょう

これ大事!

この経験からわたしが皆さんにお伝えしたいのは、
① 欲しい車の情報を早く入手する
② 希望物件はすぐに見積を取る
③ すぐにshopに連絡し詳細を確認するため商談に入る
ということです。

欲しい車の情報を早く入手する

これは中古車販売サイトや検索サイトへの登録が非常に有効です。
私のようにひたすらネットを探し回り、電話して在庫確認するよりも、欲しい車種と希望価格、あなたのメールアドレスだけでほしい情報が勝手に入ってきます。
あなたは探す手間が省けるので車両の確認に専念できるのです。
欲しい車が見つかれば、まず電話して、すぐにメールで見積りを取りましょう。

あなたの欲しい1台を、いよいよ手に入れましょう。

検索サイトに登録したらあとは待っていればいい…
いえいえ、賢く購入するためにはほかにするべきことがあります。
何年も毎日使う大切なものです。自分が納得できるものを買いましょう。
次はいよいよ手に入れるためのSTEPです。^^

あなたの欲しい1台を手に入れましょう!

検索サイトに登録したのは欲しい車を 見つけること が目的ではなく
手に入れるため です。R
もしかしたら、なかなか欲しい車は見つからないかもしれません。
そのために自分でも小まめにネットをチェックしましょう。
そして、欲しい車が見つかれば、まず電話して、すぐにメールで見積りを取りましょう。
ここでは、私が活用した検索サイトを紹介となぜ見積を取る必要があるかを私の失敗を交えてお知らせします。

あなた自身で欲しい1台を探す

先ほども言いましたが、この経験からわたしが皆さんにお伝えしたいのは、
①:欲しい車の情報を早く入手する
②:希望物件はすぐにメール見積を取る
③:すぐにshopに連絡し詳細を確認するため商談に入る
ということです。
そして、欲しい車が見つかれば、まず電話して、すぐにメールで見積りを取りましょう。

あなた自身も検索サイトでさがす

検索サイトに登録するだけでなく必ず自分でも調べてみましょう。
なぜなら、これにも大きな意味があるからです。メリットとして
① 欲しい車の相場が分かる
② 検索サイト外の捜索ができる
③ shopの口コミの記載がある
判断基準を持つためにもぜひ自分でも探してみて相場を知ることは非常に大切です。

これからご紹介するのは、私が実際に検索し、見積を取り、購入に至ったサイトです。
そして2台目のコペンを手に入れました。
限定車ということもあり、私の好みである、外装カラー、内装色、走行距離を含めて希望に叶う車は日本に1台しかありませんでした。
価格についても相応(やはりコペンの相場は高い!)でしたので購入に踏み切りました。
これも3か月探しました。

欲しい車が見つかれば、まず電話して、すぐにメールで見積りを取りましょう。

希望物件はすぐにメール見積を取る

自分の希望に叶う1台があれば必ず見積りを取りましょう。
と言うのも目的は購入、もしくは経費まで含めた総額を知らなければ次の手を打てません。
shop側も見積りもしていないと、相手にしてくれません
ここで大切なことは、探す⇒見積を取る ということです。
欲しい車が見つかれば、まず電話して、すぐにメールで見積りを取りましょう。

私はこれで失敗した!

3か月探したと書きましたが、なかなかほしい物件は現れませんでした。
仕方なく、グレードを落し、外装色もパールホワイトではなく黒で内装が赤革仕様の価格もそこそこの1台がありました。
1種間ほど経って見積だけでも取ってみようと思い、フォームから打診したところ既に商談中(ー_ー)!!とのことでした。
見積を取らなかったばかりにすぐに売れてしまい、悔しい思いをしました。
私の失敗経験から、みなさんには残念な想いをして欲しくありません
見積は無料ですし、何台とっても構いません。
お店の特賞や経費の内容もわかってきます。
さあ、あなたの欲しい1台を探しましょう!
もう一度いますが、大切なことは、探す⇒見積を取る です。
マカオンは、3か月の間に20通ほど見積をとりました
車両価格は安いけど経費の高いshopもあり、これはいくつも見積を取ることで比較できるようになりました。
見積りは必ずメールでもらいます
これは文章で残すためです。
電話でも見積りは教えてくれますが、条件について売り手側との相違が結構あります。
整備の有無や保証などほんと口頭と文章では異なること多いんですよ。

電話のデメリット

口頭と文章では条件が変わることが結構ある!(故意ではなく勘違いも多い)

不明な点も電話ではなく、メールして文章で残しました。
下取りについてはこの段階ではまだ、連絡する必要はないと思います。
(最終節で詳しく記載します)
見積が揃ったらいよいよ次は欲しい1台を決めましょう!

日本一安くコペンを買った方法!③:ハイリスク・ハイリターンの格安車

格安車でなくてもリスクはある

ここまで読んでいただきありがとうございます。
見積は数通取られたと思います。
いよいよあなたの愛車となる1台を決める時が来ました。
しかし、ちょっと待ってください。
見積をとった中で修復歴と記載のある車はありませんか?
大切な愛車選びですから何事も納得したうえで決めましょう。

価格は大切な要素ですが、総合的な判断をする必要があります。
なぜかと言えば、安く買えても修理に費用が掛かっては本末転倒ですし、何より過剰な修理費は愛着が薄れます。
それではいよいよ、あなたの愛車を決めましょう。

日本一安くコペンを買った方法!④:あなたの愛車を決めよう!

あなたの愛車を決めましょう!

今あなたの前にはきっと、数台に絞り込まれた候補車の見積が前にあることと思います。
その中からいよいよあなたの愛車を選びましょう
今回あなたにお伝えするのは「決断」です。

絞り込みましょう^^

これまでの話をちょっと整理してみましょう。
まず、検索サイトへ登録し、欲しい1台の情報を無料で手に入れました。
そしてm欲しい車が見つかれば、まず電話して、すぐにメールで見積りを取りましょう。
いま、目の前にある見積りはあなたが欲しいと思っているくるま数台の見積りです。
その見積りに記載されている、修復歴、現状販売、整備内容も確認されたと思います。
shopによって経費内容も価格も様々であることが分かったと思います。
いま、見積書は何通ありますか? 5通? 7通? 10通?それ以上ですか?
では、その中から順番をつけて2~3台を選んでみてください。^^
楽しい悩みですね~^^

君に決めたーーーー!!

1番、2番、3番 の3つを選んでください。(2番迄でも可)ここで選んだ1番はあなたが「この車を手に入れたい」と思っている1台のはずです。
予算がどうしても厳しい時はもしかしたら候補車は1台しかないかもしれません。
その時はそれを購入する意思決定をしてください。
他に選択肢があっても妥協してはいけません。妥協したくるまは、決して2番候補には成り得ないと思います。
しかし、納得できれば問題ありません。
毎日、その車に乗って、ここ嫌だなと思っていた部分を見ても、「やっぱこいつサイコー!!」って思えれば、まったく構いません。
あなたの未来の愛車は決まりましたか?

shopに連絡する際に注意すべきこと

購入するくるまが決まったら、いよいよshopへ購入意思を伝えるstepです^^


注意点は2つあります。
①:「購入する」とは言わないこと
②:電話で伝えること

ということです。なぜ? この後、お話ししますね^^

「購入する」は最後に言おう

契約というのは口約束でも成立します。
あなたの気持ちの中では1番でも、まだ詳細な情報を入手できていない段階ですからまずは「前向きに検討させていただくために、商談中にして欲しい」と言いましょう。
若しくは明確に「仮押さえしたい。購入しなくても違約金は発生しないですよね?」ときちんといいましょう。
今後は電話のやりとりではなく、基本、メールでやり取りをしましょう
電話で話しても、ポイントをメールで送っておきましょう。
文章を残すことで、最終的に確認が取れる方法が望ましいです。

電話で伝えること

どうせ文書で残すならメールで十分では?電話する必要あるの? 
と思われると思います。たしかになんでそんな面倒なことするの?って思いますよね。
あえて電話する理由は、相手方がどんな人なのかを知るためです。
相手対応や、声のニュアンス、物腰…そう言ったものを感じましょう。
メールでは丁寧でも、いざ話してみるといい加減だったり、言動がころころ変わったりするということはあります。
(これも私のアクティブトップとメモリアル購入時の経験からお伝えしています)
安い買い物ではないですし、購入した後も保証してもらうことになるかもしれません。

これ大事!

車選びは、shop選び。 shop選びは人選び。 なのです。

それでは、交渉に入りましょう。

交渉の中でも、価格に影響する最後の下取りについて私の経験をお伝えします。
大変大きな違いの出るところでもあります。

後日談

これには続きがあります。
実際に購入してどうだったのかというお話です。
それは、こちらを読んでみてください。

結局、異常に安い商品にはやはり何らかのリスクが潜んでいるということです。
車は命をあずけるものですから、お店選びが大切ですね。

どうしても欲しい車が決まらないときは…

欲しい1台がどうしても見つからない…
そんな時、時間的余裕があれば待つべきです。
ほしい1台が出てくる可能性は全く不明ですが、妥協して購入しても毎日乗るとなると「ああ、どうしてもここが気になるなぁ…」と、なりかねません。
そうなってしまうと、あなたの人生は楽しいものになるとは思えません。
本章の冒頭に、「欲しいグレードや装備を明確にする」ことを実施しました。
欲しいもの(装備、色など) か 価格 のどちらかで妥協できないのであれば止めるべきです。
個人的には大きな価格差がないか、予算が厳しいなどを除けば、欲しい車を継続して探すべきだと思います。

続きはこちらから

無料だから知っておいて損はなし^^‼ 知らないあなたはチャンスを逃す

今すぐチェック❕

-大好評! 欲しい車を日本一安く手に入れよう!